会報2012年10月10日(水)本年度第13回(通算2059回)例会


2012年10月10日(水) 本年度第13回(通算2059回)例会
________________________________________
【例会次第】点鐘、ロータリーソング

会長あいさつ
みなさんこんにちは、今月は職業奉仕月間、米山月間です。
ロータリー米山記念奨学事業は、日本全国のロータリークラブ会員の寄付金を財源として、奨学金を支給して支援を行う事業で、その運営は民間の奨学財団である(財)ロータリー米山記念奨学会が行っています。設立は1967年、今から約44年前で、これまでに世界119ヶ国、16,389人(2011年7月現在)の外国人留学生を支援しています。
さて、事業そのものの歴史は50年以上前で、日本のロータリーの礎を築いた米山梅吉氏の功績を記念して、東京ロータリークラブによって「米山基金」が設立されたことによります。日本のロータリーが国際ロータリーに復帰して3年後、米山梅吉氏が死去してから6年後のことです。米山記念奨学金の創設の目的は、「日本が再び戦争の過ちを繰り返さない」という誓いと「平和日本」をアピールすることにあり、「世界の懸け橋」となることを願ってこの制度が出来上がりました。
また、ロータリー米山奨学金制度の特徴は、経済的支援のみならず、「世話クラブ・カウンセラー制度」を設けて、奨学生の精神面のケアも図っていることです。奨学生には毎月1回世話クラブの例会に参加する義務が課せられており、奨学金はそこで手渡しされます。「世話クラブ・カウンセラー制度」は、国費や他の奨学金制度には無い制度として、他団体、行政機関などからも注目されております。

トーマス・ライト君 スピーチ
皆さん、こんにちは。金曜日、ニュージーランドの人たちは恵南で最後の学校の日がありました。学校から帰ったら、僕の両親からメールでパッケージを貰いました。オーストラリアのお菓子や手紙など、いっぱい送ってくれました。懐かしかったです。次の金曜日には、2年生みんなと修学旅行に行きます。本当に楽しみです。今日は皆さんからお小遣いを貰いました。本当にありがとうございました。
※本日はトーマス・ライト君の修学旅行の小遣いを例会前に会員の皆様から募り、約3万円が集まり、今月の小遣いと一緒に渡しました。

3分間スピーチ(木村会員)
長い間、趣味として続けている「釣り」についてのお話でした。
大変参考になりました。(編集より)

幹事報告・理事会報告(前田幹事)
幹事報告
1. 2510地区我孫子ガバナーエレクトより、事務所開設のお知らせが   来ています。
札幌 市中央区大通西11丁目4大通藤井ビル7階
2.千歳ローターアクトクラブより、年間行事予定表が来ています。
3.ガバナー月信10月号が来ています。
4.恵庭市緑化推進委員会より中島公園緑化事業の協力が来てい
ます。24年10月24日10:00~50分程度の植樹です。
5.ちゃんとが来ています。9月19日行われた子供相撲の記事が載っています。
理事会報告
11月例会プログラム
11月07日(水)国際奉仕 ロータリー財団月間 財団奨学生卓話ロータリー財団委員会山澤委員長
11月14日(水)クラブ奉仕 クラブフォーラム フリートーク例会 (クラブ協議会)
11月21日(水)由仁ロータリークラブ創立20周年記念式典振り替え休会
11月28日(水)クラブ奉仕 夜間例会 親睦活動委員会  18:30~ いちえ
11月例会外プログラム
11月14日(水)定例理事会 12月プログラム調整

本日のプログラム(米山奨学生卓話・李炯直<イ・ヒョンジク>さん)
『教育と韓国』
李 炯直(イー・ヒョンジク)
皆さん、こんにちは。2008年度西北ロータリークラブ所属元米山奨学生の李炯直です。私は北海道大学大学院経済学研究科博士課程を修了後、現在北海商科大学教員として働いており、日本国際ロータリアンの皆様には大変お世話になっております。今日の卓話では、韓国社会を教育というテーマでお話をさせていただきました。
1953年韓国戦争の休戦後、世界で最も貧しい国の一つであった韓国は、2011年には一人当たりGDPが23,749ドルにも及ぶ国となっています。世界でも人口5,000万人以上をもつ諸国の内、一人当たりGDPが2万ドルを超えるのは、韓国を含めアメリカ、日本など世界で7か国しかありません。そこで、なぜ韓国は、「漢江(ハンガン)の奇跡」と言われるほど、この60年間世界最貧国から現在のような経済・貿易大国になることができたのか、さまざまな説が唱えられています。その中でも大多数の経済学者が指摘するのがやはり韓国国民の「教育熱」です。例えば、2009年時点で韓国では高卒の84%が大学に進学し、この大学進学率は世界最高レベルだと言われています。
しかし、このような猛烈ともいえる韓国人の教育意識の裏には、様々な社会的問題が存在します。例えば、韓国の小中高校生にとって「学校での授業の後は塾」というのが当たり前になっていますが、OECD報告書においても、2005年度の韓国のGDP対比「私教育費」の割合は2.9%で、OECD諸国の中では最も高い数値となっています。また、韓国は残念ながらOECD諸国の中で最も自殺率が高い国であり、小中高校生の自殺者が2009年に200人を超える程の深刻な社会問題となっています。
韓国人の教育に対する熱情が韓国経済に大きく貢献したことは否定しませんが、超エリート社会をめざす現在の韓国教育制度は、今日の韓国に存在する様々な混乱や矛盾を解決するには役に立っていないのではと思います。一等賞をとるための教育よりも、ビリでも社会に貢献できる人を育成しようとする教育理念をもっと重視していくべきではないかと思われます。
最後になりますが、ロータリーの皆様にはいつも感謝しております。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ニコニコボックスの紹介

会 員 名

提  出  理  由

ニコ数

斎藤茂生

李炯直さん、お会い出来ず残念!今日の卓話、宜しく!

宮内光則

イ・ヒョンジクさん、卓話ありがとうございました。

前田利和

米山月間・イ・ヒョンジュクさん卓話ありがとうございます

横手義信

本日欠席致します。

木村公幸

3分間スピーチ、ヨロシクです。

村上利雄

堤さんと久し振りに一緒の例会です。

 石川俊則 本当にすみません。早退します。

堤 由延

元気に居ます!

敦澤君治

別に何もありませんけど・・・?

天野 仁

本日早退します。

川口了久

14日、宜しくお願いします。

館内正子

横手委員長の代理、必死でしたが曲を間違えました・・・

弘中正利

米山月間、卓話ありがとう。

計14ニコでした。

本日の出席状況
出席者 27名、メーキャップ 5名  計32名

次週のプログラム
7月14日は静内に於いて地区大会です。

pagepeel by webpicasso.de